Ray of Sunshine

自分を愛せるようになるエネルギーヒーリング、「自分がどう思うか?」 「自分はどうしたいか?」 「自分はどう感じたか?」 ​という視点で色々なことを書いています。

自分のやり方を変えようとしない人、ヒーリングセッション依存症について

先日、ヒーリングを、猛烈に続けて受けている方に、しばらく休憩しませんか?と提案しました。

この方は、私のセッションだけでなく、他のヒーリングも受けてて、ほぼ毎日セッションを受けられてるんです。

つまり、ヒーリングセッション依存症です。

日本の方ではありませんが、ほぼ全てのサラリーを、さまざまなバラエティのセッションの数々に投資している状態でしたが、それだけでは満足できず、ここ数ヶ月は、お友達にプレゼントするためにセッションを購入したりしていました。

私の経験から、ヒーリングセッションが、ある程度のところまで行くと、それ以上入らなくなる人がいます。

それは、ヒーリングの効果や、私のセッションの場合だと、エネルギーのことをお伝えして、日々の生活の中で、「こういう時は、こういう状態だから、こういう風に気持ちを整える」とお伝えしたことなどを、活かしてほしいのだけど、それをしない人です。

つまり、自分のやり方を変えようとしない人。

入らなくなるというのは、リリースしても、最初の頃の「ああ!リリースできた!」みたいな実感が感じられなくなることです。

だから、ヒーリングのバランスが取れなくなり、結果、現実的にも満たされず、ヒーリングを受けても、その効果が現れたと実感できないスパイラルに陥ってしまい、セルフイメージがどんどん悪くなっていくんです。

本当に、アルコールや薬物の依存症と同じです。

自分のやり方を変えようとしない…と書きましたが、依存症は、ヒーリングを必要とした理由のひとつですから、この、ヒーリング飽和地点ともいうべきポイントに達してもOKなんです。

そうしたら、それは「実践してみよう〜!」というタイミングだということですから。

そういうスパイラルにハマっていると、ヒーリングの効果を、自分を動かすことに使わず、自分の外側の世界を観察するのに使ってしまうんです。

そんな時、とてもストレスが溜まります。

世間や周囲の人々に、「あなた間違ってるよ」って教えたくなるし、「あなた間違ってるよ」って言われてる気もするし、板挟み…!

これがヒーリング依存症における禁断症状…。


周りがおかしいこと自体、それに気づくことも含め、それらはすべて、Distraction(気を散らせること)です。

自分のやり方を、もっと自分らしくなるように変えて行くこと、それが「やり方を変える」です。

でも、依存症が強い人は、「やり方を変えろ」と言われると、「お前は間違ってる=お前が変われ」と言われてると受け止めるんですね。

それは、そう親や学校の先生、社会、会社の上司なんかの、いわゆる、その場その場で、「自分」に対して権力を持っていた存在から、そう指導されたから。

下駄で富士山を登頂しようとして断念した人が、「登山靴履いてみたら?」と勧められ、靴を登山靴に変えたら登れた!というのと同じです。

なのに、依存症の人にとって、「やり方を変えたら?」はすご〜くプライドを刺激するんですよね!

正に、死活問題です。

まず、このロジックを理解して、それから少しずつ、シフトしていくしかないんです。

冒頭のケースですが、ここ半年ほど、一生懸命になればなるほど、セルフイメージが下がった状態でセッションに現れるため、しばらくブレークしようと提案したのでした。

もちろん、きちんと負のスパイラルに陥ってるメカニズムを説明し、いつでも連絡してOKという条件でブレークに入ることになりました。

さ、どんな体験がこの方を待っているか、楽しみです。

この世界を作るエネルギーは、常にバランスをとろうとしていますから、何も起きないということはありません。

そうかと思うと、約1年ぶりに、戻って来られる方もいます。

私のクライアントさんが、受けたいと思った時に、いつでも営業中であることが私の役目かなぁと思ってます。

久しぶりにお会いするのが楽しみです!

f:id:creativeenergyhealing:20211203145204j:plain

大阪、中之島にある中央公会堂の会議室の窓には、ステンドグラスがはめ込んであります。

その中の、直径8センチぐらいの丸いガラスだけレンズで、外の世界が上下逆さまに見えるようになってます。

エネルギーヒーリングを受けて、自分のやり方を変えていくと、世界がクルッとひっくり返ったかのようなシフトを経験します。

その、やり方を変えて行く部分(やり方を捨てる、でも正解)が、エネルギーワークだと思うこの頃です。

水瓶座新月に向けて、どんどん変化していく今

蟹座の満月を境に、2月1日に水瓶座で起きる新月を経て、風の時代のエネルギーはどんどん大きくなる予感。

旧式の他力本願じゃなくて、人間力を使う時。

人間力の基礎は、「自分が心の奥で感じているかけがえのない思いを、誰に認められなくてもちゃんと抱きしめてあげること」で強まる。

『』内は、Paxlunaさんのブログから抜粋しました。
https://paxluna.net/?p=17501​

これはズバリ、インナーチャイルドまたはアダルトチルドレンのヒーリングです。

ちょっと下品な言い方ですが、「自分の尻は自分にしか拭えない」ということかなぁ…と😅

共感を求めて、流れを作って行くんじゃなく、自分が動きたいから動く。

それが何かを作っていく、そんな感じでしょうか。

Paxlunaさんは、私が好きな占星術家のお一人で、彼女はシュタイナーが好きで、お詳しいです。
私は、そこまでシュタイナー詳しくないんですが、リアルで話したら、きっとシュタイナーとは話が弾んだだろうと感じます。

いわゆる「真実」ではなく、「自分らしい真実」。

良いですね!

​どんどん軽やかになっていきましょう。

f:id:creativeenergyhealing:20220121091417j:plain

 

全ては感情で決まる!

朗報です。

イギリスのイングランドで、来週の木曜から、コロナ関連の規制がほぼ全て撤廃されることが発表されました。

「政府は今後、いかなる場所においても、マスクの着用を義務付けない」とボリス。

今日から、学校での児童生徒らのマスク着用義務も撤廃されました。

動画は英語ですが、これ、イギリスの議会中継でいつもある風景なんですけれど、賛成の声が後ろから「Yeah~!!!」と上がってるのが聞こえます。

反対の時は、Noooo〜!(または、Boooo〜!)と上がるので、わかり易いです。

もちろん、反対の声が大きくても通ることがあるのは、お察しの通りです。

何事も、「それ良いね!」と同調してくれる人がある程度いなくては、起こりません。

同調は、感情により起こります。

それは、どんな感情でも起こせます。

「素敵〜★」みたいな感情でも、「許せない💢」という感情でも起こせるわけです。

イギリスの政府は、今回のスキャンダル続きで、協力的だった国民の感情を損ねてしまいましたから、もう、これ以上引っ張り続けるのは無理ということで、一時撤退を選択したのでしょうね。

同じように、世界各地で、国民の感情が損ねられている=波長が乱れる、という現象が起きてますから、一時撤退するしかない現状です。

f:id:creativeenergyhealing:20220120095740j:plain
それはそれとして、今日から大寒、一年でいちばん寒さが厳しくなるころです。

春の気配も感じるけれど、寒さもまだまだ厳しい今、体調のバランスを崩し易いです。

そしてバランスの崩れは、喉に来易いので、そんな時にハンディな、私が愛用しているレメディをご紹介します。

それはコロイダルシルバーといって、天然の抗生物質と言われるもので、昔から広く家庭で使われてきたものです。

いろいろなメーカーから出てますが、私はイギリスのメーカーのものを使ってます。

これを小さいガラスのスプレー容器に入れて使います。

喉に来てるな…と感じたら、寝る前にシュッとひと吹き。

私は、数時間から一晩で、スッキリ元通りになります。

濃度によって、使用回数も変わりますが、濫用すれば効かなくなり、自然治癒力もダメになるのは、石油ベースの薬と同じですから、私は大体、1日最大3回を目安に使ってます。

ペット用やキッズ用も売っていて、特にペットのケアには有効らしく、ホリスティックにペットをケアしたい人たちには人気。

気になる方は調べてみてくださいね。

経済的に不満足という殻を破りたい人

最近、久しぶりにセッション料金のディスカウントを求められました。

私は、「幾らなら『払いたい』ですか?」と聞きました。

幾らなら払えますか?じゃなくて、払いたいですか?と聞きました。

経済的に不満がある人は、こう聞き返されるのが苦手です。

​察して欲しいのです。

最終的に「〇〇なら払ます」と提示していただいたので、「じゃ、ちょっと考えておきます。」とお伝えしました。

さて、私は何を考えるのでしょうか?

まず、この世界は常にバランスを取ろうとします。

そのバランスの取り方が、人間レベルのバランスの取り方と違って、例えば、ディスカウントをもらったら、ディスカウントをしてあげた方にも、なんらかのベネフィットがもたらされるということです。

だから、私が考えなきゃならないのは、クライアントさんも私も満足できる形での、ディスカウントをオファーすること。

さもないと、世界はバランスを取ろうとするので、クライアントさんは、金額にして、そこでセーブした以上の額の出費が「なぜか」起きたり、私には、そのクライアントさん以外のソースから豊かさが流れ込んできたりもします。

ディスカウントを聞いてきた方は、元々、経済的な悩みを抱えていた方です。

経済的な悩みも、あらゆる悩み同様、主観ですから、その人が幾ら稼いでいようと、どんな暮らしをしていようと、本人が経済的な足枷を感じていたら、それが現実です。


それもワークしたいテーマの一つなんですが、経済的に満足していない現状というのは、その人の創造力が傷ついています。

それを癒し、また鍛えていかなくちゃならないのです。

この方に限らず、かつての私もそうでしたが、「お金が十分無い」とか、「もっと欲しい(足りない)」とかいう世界を生きている状態の時というのはズバリ、

自分の創造する力を、まるでアテにしていない時なんです。

自分には甲斐性がない、
自分には学歴・経歴がない、
自分には運がない、


そうやって「自分には〇〇がない」が口癖になってる時は、「自分は無力で非力な存在」だと貶めて、結果「安いものしか買えない」とか、「やりたいけどできない」とかいう現実を作っているわけです。

「やりたいことがあるけど、お金が十分無い」

例えば、そんな風に感じる時は、この世を作るソースエナジーが、正にあなたの世界を広げよう(変えよう)と、ギアチェンジしてる時です。

それはつまり、あなたに創造することを要求してる時。

あなたが「お金が無い」と強く願えば願うほど、世界はあなたに「つくれ、つくれ(使え、使え)」と要求してきます。(→使う=お金がもっと必要になる=どうにかする)

あなたが「もっとお金が欲しい」と求めたから、世界が「じゃ、もっと作らせよう」と応えるんです。

だから、お金の悩みや不満、不安は、そのまま、自分の創造力に対する自分の感情そのまま、なんですね。

というわけで、バランスを損なわず、かつ、自分自身の大切にしていることも大切にしながら、何か良いオファーを…と、一晩考えましたが思いつきませんでした。

だから、次回のセッションで、はっきりとその旨を伝え、自分が払いたい額でやってくれる人を探すよう促そうと思います。

その方が、ご本人にとってもためになるし、私も自由でハッピーなんですよね。

2013年から、お代金をいただいて提供しているエネルギーワーク。

最初は、回数券を作ったり、キャンペーンと称して、割引なんかもやってきたけれど、いやいや、私には全然合っていませんでした。

5セッション予め買って受けるのと、結果、5セッション受けましたというのは、全然違うと私は捉えてます。

また、自分自身のヒーリングを、私たちはケチってはいけないんです。

いちばん大切な自分のことですから、自分がその時できる最大限のことをやってあげれば良いのです。

その姿勢がまた、自分自身のインナーチャイルドを癒すわけです。

f:id:creativeenergyhealing:20220119132839j:plain

2月1日の新月は、水瓶座です!

イギリスの占星術師のパム・グレゴリーさんの水瓶座新月のフォーカスト 、気分が上がります。(英語のみです。)

どんどんシンプルに、わかりやすくなってきている今。

世界では、パンデミック劇場が終焉に向かっていると感じます。

「オミクロン株、市販の解熱剤が効く模様」なんだそうです。

sn-jp.com



それはつまり風邪だから…かな?

やっぱり自然の力は最強で、唯一の正解なのかなぁと思いました。

ウィルスと呼ばれた存在の出自がなんであれ、変異を繰り返しながら、解毒して、今は、普通の風邪レベルになったというのが、テレビやラジオに頻繁に出てる暇もないぐらい本業が忙しい、世界中の、権威と呼ばれる医師や学者の方々の見解のようです。

ヨーロッパは、ドイツ、オランダ、フランスを筆頭に、全体主義スタイルが濃くなりましたが、イギリスでは、ウェールズがそういう意味で、一番進んでいました。

世界のそういう場所では、日本から主要メディアしか見てない場合には、想像もつかないほどの規模のデモが連日起きています。

そんな中、パーティゲートに揺れるイギリスでは、イングランドとスコットランドが、今月中にほぼ全ての制限を解除し、3月中には全部撤廃する…というコメントまで出てきてます。

ま、ほとんどのイギリス人は「あ、そう。で?」みたいな反応で、合図を待ってはいませんが…パーティゲートの追求は続くでしょうね。

英語で、このパンデミック劇場を、House of cardsという風に言う人が多いです。

House of cardsとは、トランプを積み上げてお家のような構造を作っていくゲームがありますよね?あれです。

ちょっとした振動や風により崩れますが、あんな風に、土台が脆弱なため、簡単に崩れる組織、条例、計画…などを指します。

​正に…。

蟹座の満月、殻を破る

今日は、蟹座で満月が起こります。

あなたは自分の蟹座について知ってますか?

「ええ?私、蟹座じゃないんですけど?」とか思う方、

私たちは皆、12星座を内包しています。

「私は蟹座じゃない」というあなたが「私は〇〇座」と思っているのは、太陽の位置のことです。

私の場合、蟹座に天体はなく、6:4の割合で1ハウスと2ハウスなんですが、アセンダントは、ひとつ前の双子座です。

蟹座満月で検索をかけると、新しい世界、新しいこと、新しい〇〇というキーワードが上がってきます。

私自身、このところ、タロットカードの大アルカナラストのカード、世界のような、一周した感がありましたから、再び一線を超えた気がしています。

また、私の場合、蟹座は1ハウスにありますから、新しいサイクル、ストーリーのスタートになります。

皆さんはいかがですか?

固い甲羅で覆われた蟹は、家庭や学校、職場、社会といった、「あなたを守ってくれるもの」を表すこともあります。

もちろん、それらの存在に「守られている」と感じてるか、「縛られている」と、閉塞感を感じているかは、人それぞれ。

いずれにせよ、殻を破って、中身で勝負する(戦うわけじゃないけど)ことには、変わりなさそうですね。

自分のホロスコープを調べたい方、www.m-ac.com/pages/setting_j.phpから、調べられます。

但し、生まれた時間が必要になります。

私の靴下コレクション。

親指は暗く写ってますが、グリーンなんです。

日本製なんですよ。

今度のお土産は靴下だな、と勝手に盛り上がっております。

 

f:id:creativeenergyhealing:20220118093421j:plain

 

素のままが実力、全天体順行期間

もうすぐ、全天体が順行する期間がやってきます。(2月上旬から4月下旬)

水星逆行とか聴き慣れてきた今、全て順行とか聞けば、「もしや障害無くなる?!」と思ってしまいがちだけど、

私の好きな占星術家のお一人である、Paxlunaの高橋さん(https://paxluna.net/ )は、これまで培ったもので勝負するから、真の実力が問われる時だと、ある意味、真逆のことを仰ってます。


ま、よくよく考えてみると、そりゃそうか〜みたいな感じです。

言い方を変えると、それぞれが無理なく、自分の特性(身の丈)を受け入れていくって感じでしょうか?

またまた言い方を変えると、それは、他人と比較するのをやめて、無理なく、自分の素で生きていくようになるって感じだと思います。

 

身の丈、という言葉を使いましたが、そこで、イラッとした人は、自分のことを悪く捉えてる人です。

 

身の丈がなんであれ、自分のことを良く捉えてる人は、抵抗や摩擦を感じることなく、スムーズに生きてます。

そして1月16日、太陽と冥王星がコンジャンクションしたそうですが、これも↑の、全天体順行期間へのステップな気がします。

山羊座に位置する太陽と、冥王星が重なる。

うう〜、すごい。

今年に入ってからは特に、どこかで「自分と違うイメージ」と感じていたものは、すぐにダメになるというか、良い具合にスーッと立ち消えになっていくのが速いです。

私に、時間を有効に使わせようとしている気がします。


時間をより有効に使っていく=本当にやりたいこと、一緒にいたい人たちと、よりスピーディにつながっていくってことなんだと感じてます!

f:id:creativeenergyhealing:20220117075739j:plain

以前、うなじにせんねん灸の太陽を貼った写真を載せたら、メキシコの友人から「ロボットみたいだな笑」とコメントが入りました。

確かに…!と思った私ですが、喉元に貼ると…、もっと人造人間っぽくなります。

このツボ、名前は忘れましたけど、以前、せんねん灸のショールームでワークショップに参加した時、インストラクターの鍼灸師さんが貼ってたんです。

​「寒い時期、おすすめですよですよ」って。

タートルネックで隠れます。

被害者のプログラミングを解く、最初のステップ

それは受け止めることです。

受け止める…というと、一生そのままでいろ〜みたいな風に勘違いしてる人は結構いますが、そうじゃありません。

受け止めるのは、今の状態を正確に認識すること。

状態と本質の違いについてはこちらを読んでみてください。
www.kaekonakagawa.com/125021252512464/3347146

例えば、今の状態、惨めに感じていて、自分がかわいそうに感じるけど、そんな自分が好きになれず、イライラするけど、申し訳ない気持ちもあって…みたいな、感じてることを全部認めるんです。

「ああ、私は今、こんな風に感じてるのか」って。

この「受け止める」を、他人にやってもらいたがるのが、被害者プログラミングが作動してる人の特徴で、

「かわいそうに」&「かわいそうでしょ?!」

これを自分でやる、いや、これは自分でやるしかない、と気づくのが、めちゃくちゃ大きいのです。

今、そう感じてることを今すぐに認める。

これが入り口になります。

f:id:creativeenergyhealing:20220116133527j:plain

日本へ帰ってきて、いろいろ驚いたり、感心したり、呆れたりしてますが、ソックス…は、その一つ。

こちらは、もちろん感心の方です。

↑これらは靴下屋で買いましたが、日本は、というより、日本人ってソックス大好きだよなぁと改めて感じました。

イギリスだと、フツーのソックスは、そこらじゅうにたくさん売ってますが、ちょっとデザイン性のあるものは、それなりのところでしか売っておらず、しかも、私のハートをグッと捉えるデザインは稀。

日本で手に入るソックスは、クオリティ、デザイン、価格ともにバランスがとれてると思いました。

ソックスやタイツって、スカーフと並んで、気軽に楽しめるアイテム。

一旦定住すると、増えそうです。

お店で見かけたことはまだありませんが、この、ande(アンデ)という日本のメーカーも可愛いですよ。
www.ande-factory.com/