Ray of Sunshine

「自分はどう感じたか?」 ​という視点で色々なことを書いています。水星逆行生まれなため、水星逆行期間に投稿が集中する傾向アリ。

DNAの共振作用とご先祖さまの名前

さとうみつろうさんとTuland Vlogのコラボシリーズで、とても興味深いことを話していた。
youtu.be/CIcTIJhAIN0?feature=shared

さとうみつろうさんは、私たちの中にあるご先祖さまのDNAを目覚めさせるには、彼らの名前を呼ぶと、共振作用でそれらのDNAも動かせるという。

それは、彼らが生きていた時に「一番受けた音波振動は彼らの名前」だから、それを声に出すことで、私たちの中にある彼らのDNAがその音に共振作用するんだっていう話。

彼らのDNAにスイッチが入るとは、彼らが一番よく使っていた能力が私たちに出てくるってことらしいけど、マイクロソフトは現在人間のDNAが一番情報をたくさん保存し、それを長期にわたって保存できるということで、実験もしていると言ってた。

マイクロソフト云々については、昨今の遺伝子製剤(新型コロワク)と繋がる感じがして「察し…」ってなるから、それはさておき、この「DNAを通して伝わるご先祖さまの情報」って、私は実感と共にすごくわかる。

私、日本に帰ってきて生活基盤を整えてる時、「困ったなぁ」って感じることがあって、よく祖母たちのことを思い出したの。

それは大体、私が「自分は苦手」だと感じてる課題にぶつかった時で、無意識に彼女たちのDNAを起動させてたのかもしれないと思った。

こう言う時、私の脳のどこかにある「スクリーン」に映るんだけど、この「映る」感じは、確かスターウォーズだったと思うけど、レイア姫の様子をロボットがハンソロとかにプロジェクションみたいに見せるシーンがあった気がするんだけど、そんな感じ。

(画像はネットから↓)

これは、私がセッションする時も、クライアントさんの情報が映し出されるところなんだけど、私の能力というか技術は「スクリーン」だけじゃないので、そこの情報をお伝えする時もあれば参考に止める時もある。

でも決して霊媒師とかみたいな感じじゃないねん。

最近読んだ苫米地英人さんの「洗脳」に、霊が見えるとか聞こえるっていうのは、誰か(霊媒師を筆頭に)の妄想ワールドに引き込まれてる状態っていう話が、某著名霊能者のことを例に説明されていたけど、私はとてもよくわかる。

それはそうなんだけど、ひとつ、父方の祖母について面白い話があって。

ロンドンにいた頃に、ミディアム(霊媒師)の先生がやる瞑想クラスに行ってた時のこと。

当時70代ぐらいだったその先生(女性)は長らくミディアムとして活動はされておらず、専ら瞑想のインストラクターをされてたんだけど、私たちのクラスが休みに入る頃に、「久しぶりにミディアムの活動を再開しようと思ってるの。誰かボランティアになってくれないかしら?」と言うので、私や、他に2、3名が手を挙げた。

先生と日時を決めた私は、割と近くに住んでいたので先生の自宅へ伺うことになった。

ドアをノックすると、先生が扉を開けながら「あなたのおばあちゃんがきてるの!」って言うの。

私は母方かなぁ〜と思ってたら、特徴からして父方の祖母!

先生は「彼女はずっとお腹が痛かったけど、亡くなってからそれが無くなって今は楽だって言ってる。Kaeko、あなたには『もっと踊るように!』って言ってる」とかなんとか言われた気がする。

父方の祖母は大腸がんか何かを患い、腸を摘出した後は人工肛門をつけていた。

しかも、私の祖母は、前の晩からその先生の家に着物姿で現れ「Kaekoに伝えてほしいことがある!」とめちゃめちゃ張り切っていたという。

ここ、おもろいと思った。

なぜなら、父方の血統は皆、超「マイペース」だから😆

思えば、父方の祖母は真面目でプライドも高く、冗談を笑って流せないタイプだった。

本当は笑ってもいいんだけど、どういう意図で冗談を言われてるのか?本気で言ってるのか?そういったことがよくわからないまま笑えるタイプじゃなかったんだと思う。

彼女は、自分の子どもたちを「分け隔てありあり」で育てた(依怙贔屓した)ため、兄弟は皆折り合いが悪くなったけど、父はそんな中でも乙女座らしく適当に皆と付き合っていた。

けど、彼もバランスを崩してからはどんどん疎遠になってしまい、5人兄弟だったけど現在は2人を除き私の父含めあちら側に渡っている。

祖母は亡くなってから、もっと楽しく皆と仲良くしたら良かったと思ったらしい。

 

大腸がんって、自分の思いを殺して溜め込むタイプにマニフェストする末期症状の筆頭な気がする。

この経験だけど、そのミディアムの先生が彼女の妄想ワールドに引き込んでいたようにはとても思えないのよね。

じゃ、その情報はどこからきてたのか?

冒頭の動画を見てたら、私のDNAに眠っていた情報に、なんらかのきっかけで(そうとは知らず)アクセスしてたんじゃないかーって。

この二人の祖母が60代の頃の姿で別々の空間にいるのが私の「下敷きサイズ」のスクリーンに映し出されてたんだけど、参観日の保護者みたいな佇まいでこちらを見つめる父方の祖母からは、私が帰国するのを「見届けたで」という眼差しを感じるし、元々お嬢さんだったけど紆余曲折を経て当時は珍しかった働く女性だった母方の祖母は、戦後から定年まで勤めた某生命保険会社の営業として、トップの成績で複数回表彰されたという武勇伝を持つんだけど、外向的な面を刺激されたのかもしれない。

なんらかの理由で、例えば「子孫がピンチです!」みたいなケミストリーの時に発動するようになってて、発動したら、私の言うスクリーンに映し出され、自分で感じれる人もいれば、誰かに見てもらう人もいたりするのではないかと。

ケミストリーは、文字通り化学で、最近気になって読み始めたソマチットの話も興味深い。

ソマチットは、動植物に存在し、すごい高い温度にも耐えることができる謎の生命体で、何億年前の化石にも存在してるという本当に謎な存在。

自分の宿主(であってるのかな?)の環境が悪くなる、例えば人間なら体が酸化したり、薬物の影響を受けたりすると、殻に篭って活動を休眠するらしい。

デトックスしたりして環境が理想的になれば、再び殻から出てきて活動を再開するみたい。

でね、勝手に私が言うんやけど、このソマチットがDNAが情報を保持してるのに関係してるんちゃうかーって。

冒頭に紹介した動画によると、彼らのおかげで私もここにいるんだなぁと思いを馳せるだけでも、そのDNAのスイッチは入るらしいけど、それも何となくわかる気がする。

大体、数年前から、記憶が孫子(まごこ)に遺伝する話も、臓器移植した人が「突然ピアノが弾けるようになりました!」とかいって臓器の持ち主の能力や習性を受け継ぐ例はたくさんあったし、全然不思議じゃない。

例えば、「数万年前にいた洞窟の匂い」っていうと、体の奥から蘇る匂いの感覚ってわかる?

他にも「100年前の会議で座ってた場所の座り心地」とかいうと、体が覚えてる感覚が蘇る感じってない?

私はあるよ。

…となると、昨今の遺伝子製剤(mRNAや新コロワク含め)の突然の台頭は、こうやって当たり前のように私たちひとりひとりがアクセスしていたDNAの情報にアクセスさせにくくなるのを促進してる?!って思っちゃう。

だからやっぱり、絶対に打ってはいけないし、すでに打った人はこれ以上打たないことが大事だと思う。

ここ数年の「本来のあり方」とか「自分らしく」という流れも、根本的な医療信仰から離脱する時期がきてるということだと思うよ。

必要な情報はすでにDNAの中にあるんやから!

 

あ…。

ひょっとしてアカシックレコードもDN…。