Ray of Sunshine

「自分はどう感じたか?」 ​という視点で色々なことを書いています。水星逆行生まれなため、水星逆行期間に投稿が集中する傾向アリ。

自分を変えたい? - 4年の経験から学んだ保留の重要性

すこーし、感じたことを書くよ。

元旦からいろいろあるよね。

それについて色々なセオリーがSNSを飛び交っている。

私はここ4年の経験から、基本的に自分が実際に肌で感じたこと以外、全て保留にしようと決めてる。

ニュースも、動画も、画像も、伝聞も、アテにせず、自分がその場で見たものだけ…と言いたいところだけど、それすらもアテにしない方が良い気もしてるぐらいなのに。

そんな中、週末が始まろうというタイミングで、今年初のセッションをした。

ほぼ皆、私も含めて、エネルギーワークをするきっかけって、やっぱりこれだと思う。

「自分を変えたい」

なんだけど、これってつまり「自分が感じてることを変えたい」なんだよね。

自分が自分に対して感じてることなんだけど、最初はそれらは形を変えて出てくる。

例えば、

自分が親に対して感じてることだったり、
自分がパートナーに対して感じてることだったり、
自分の上司に対して感じてること、
友人、同僚、近所の人から社会や特定の国々や政治家まで、
ありとあらゆる対象に対する自分の気持ちが、

許せなかったり、
「ちょっとねぇ…」だったり、
「なんとかしたい」というわけで、

「変えたいんです」ってなってる。

でね、「結局変えたいのは自分の気持ちか」と分かった人にお伝えすることがあるんだけど…、

それは、「そんな自分の気持ちを『変えないといけないもの』だとジャッジしないでねー」って。

↑これ、かなりアドバンスな情報だと思うけど、ま、やっぱり「ネガティヴな思考や感情をクリアにしてください!」と来られてるクライアントさんに「その気持ちから逃げないで」なんて言うのはちょっと「へ?」かもしれない。

もちろん、その場でクリアにできるものはするよ。

でもさ、またそういう気持ちって訪れるんだよねぇ。

必ず。

そんなこと、皆知ってるよ。自分の身を以て。

それってつまり、「いかなる状態も永遠に続かない」ということ。

で、私が「その居心地の悪さから逃げないで」って言う意味は、「そういう体験をしている自分を置いてけぼりにしないでね」ってこと。

私、自分の体験から、逃げれば逃げるほど、八方塞がりになるって分かってるの。

居心地が悪いとか、イヤな気分だとか、落ち込んでるとか、自己嫌悪になってる自分を察知したら、「いいよ、好きなだけ、その気持ち味わって。大丈夫大丈夫」って自分に言ってあげてって。

大事なのは、イヤな気持ちにならない自分じゃなくて、自己嫌悪を克服した自分でもなくて、絶望しない自分でもなく、

イヤな気持ちだろうが、自己嫌悪だろうが、絶望感だろうが、どんな気持ちになっても大丈夫だと思える自分だと思うから。

囚われた感情も、アダルトチルドレンも、思い癖も、HSPとか色々あるよ?

でも、それはツールであって、それが無くなったら強くなれるわけでもなく、それがある間は幸せになれないわけでもなく、

それもこれもあれもみ〜んなありながらも、それでも大丈夫だと感じれる自分なんかな〜って。

時には、ぴぃぴぃ泣きつつ、自分に腹を立てつつ、笑えない時もありながら、それでも「大丈夫、何事も永遠に続かないって知ってるしぃ」と思えることが大事な気がする。

で、最初の「SNSを飛び交う様々なセオリー」なんだけど、

それって、「囚われた感情」だったり、「アダルトチルドレン」だったり、「思い癖」だったり、「HSP」だったりと同じ役割果たしてるかなーって思うん。

結局、「それは囚われた感情があるから!」とか、「しょうがないやん、私のアダルトチルドレンが出てくるんやもん」とか、「HSPやから無理」とか、言い続けると、それは結局逃げてることになる。

いずれはやっぱり自分と向き合うしかない。

自分と。

それを避けてるとか、まだその準備ができてないという場合、「色んなセオリー」に共鳴しちゃう気がする。

全てのセオリーはさ、どこか事実でどこか憶測でどこかは空想。

それが「本当かどうか」よりも、自分が感じてることとしっかり向き合う時が来てる気がする。

私、イギリスでロックダウン体験した時に、自分の死生観と向き合った(というか、向き合う羽目になった)話をしてきたけど、それのことよ。

私の死生観が変わった話:creativeenergyhealing.hatenablog.com/entry/2023/11/26/110433
私の死生観が変わった話、その続き:creativeenergyhealing.hatenablog.com/entry/2023/11/28/072221

何がどうであれ、私たちは死ぬまで生きる(でしょ?)。

何かあったら、その場にいる人たちと手を取り合って協力するしかなくない?

そんなわかりきった現実に、ずっと怯えてたというのが私の歪んだ死生観だった。

そう感じた時に、いろいろ心配してたことがバッと減った。

それでもまだまだ彼から『かえちゃんはいろいろ(心配ごとがあって)大変そうやなぁ』と揶揄われるけど…ってつまり、以前の私の心配性レベルは目盛りを振り切ってたわけよ。

​とにかく。

 

自分から逃げない覚悟をした上で、エネルギーワークするとよりダイナミックになるから。

 

最初は逃げてしまうこともあって良いけど、いずれ、向き合うことになるので、いずれにせよ大丈夫😆

水星逆行のご利益が切れてしまってうまく伝わったかどうかわからんけど、とにかく、誰かのセオリーじゃなくて、自分と向き合うことが今最優先されるタイミングかもしれんっていうこと。

それが少しでも伝わったら嬉しい。

これは正月におろしたネイティブアメリカンモチーフのハンドメイドピアス。

これもね、Minneで見つけた作家さんのやつ。

https://minne.com/@riiinmu