Ray of Sunshine

「自分はどう感じたか?」 ​という視点で色々なことを書いています。水星逆行生まれなため、水星逆行期間に投稿が集中する傾向アリ。

感情を知ることが大事!自分の感じてる世界を観察する方法

巡り巡って、いつもここに辿り着く。

自分が作り出している感情を知る、これこれ!

先週終えた、(駆け込みで予約が入らない限り)今年ラストのセッションでも、これについて説明したばかり。

アライメントが整ってる時も、乱れてる時も、いつも自分の感情を観察して、自分が感じてる世界を知るって大事やと思う。

自分が感じてる感情は、自分が生きてる世界。

じゃ、どんな世界がいいですかー?っていうのが、ビジョンや世界観だと思うけど、それが無い人なんていないのに、世の中、あたかも「ビジョンが無いからうまくいかない…」という前提が多いと感じる。

『うまく行ってる』と本人に実感があろうがなかろうが、ビジョンが無い人はいない。

 

私は、ビジョンが無いからうまく行かないのではなく、

 

自分がどんなビジョンで生きているか理解してないから、本来の(自分の)ビジョンと、生きてる自分が(勝手に)理解したビジョンにズレがあるのが問題だと思ってる。


だからこそ、今自分がING形で作り出してる世界を正確に理解したいと私は思う。

そのキーとなるのが自分の感じてること。

ビジョンについて私は苫米地さんが言う「抽象度を高める」方がよりよい派。

細かく決めたり、ボードを作成するのは向かない派。

私の場合、細かく決めたり、ビジュアル使ってボードを作成しようとすると、どうしても「理想的な現状」バージョンという風に小さくまとまろうとしてしまうから。

それが、本当に「小さくまとまる」ビジョンなのかどうかはどちらでもよく、今、私が「そう感じる(小さくまとまろうとしてる)」と感じれる時点で、実際に体感できる世界はそれよりさらに「小さくまとまった」バージョンになる。

これは、昔ファッションコラムで読んだ「40代の人が年相応に見えたいからといって40代向けの服を着てはダメ。30代向けの服を着てやっと40代に見える」みたいなことと似てる。

個人的に、幾つになっても幾つに見えたってどうだっていいけれど、このロジックはわかる気がする。

私は自分が「うまくいってない」と感じる時に、まず、徹底的に、そう感じるモードで生きてる自分のビジョンをチェックする。

自分のビジョンを俯瞰して、「もっと抽象度を高めよう」ってやっていくと、余計なディテールは取れてく。

だからね、リリースするとかしないとかもね、関係ないなと思うよ。最終的には。

できてようができていまいが、抽象度を高めてく時に取れてくから。

それよりも、「リリースできる」ということを体感できることが大事。

それは「自分が自分の感じてることに100%責任持ちます」というステートメントでもあるから。

​なぜなら、「自分にはそれを100%好きなように変容する力がありますからー」、「なんならリリースだってやろうと思えばできるんでー」ってことになるから。

これが本当にEmpoweringな生き方だと思うよ。

こないだから、鰤の煮付け?がSNSでチラついてて、どうしても食べたくなり、作ってみた。

生姜とネギで。

生姜は自家製生姜麹を代用したけど全然大丈夫だった。

若い頃、特に子どもの頃は、鰤の歯応え?が嫌いで、鰤よりも鱈とか秋刀魚、鰯が好きだった私。

料理は得意ではない私だけど、「食べたい!」と思ったらレシピを調べて自分で作ってみるガッツはある。

​自分で煮付けちゃう日が来るとは…!