Ray of Sunshine

「自分はどう感じたか?」 ​という視点で色々なことを書いています。水星逆行生まれなため、水星逆行期間に投稿が集中する傾向アリ。

自分にコミットする勇気と不安

不安や恐怖の正体は、実は自分が腹を括れてないということだと思う。

何に対して「腹が括れてない」のかというと、それは自分に対して。

究極、恐れや不安をなくしたいなら、「何があっても死ぬまで生き抜く」って自分と約束することだと思う。

不安や恐怖を感じてる自分(の部分)というのは、「自分」が、もし「恐れたり不安に思っていた状況」になった時に、(恐れを感じてる部分の)「自分」が「自分」と一緒に頑張ってくれるのかコミットが感じられないから、不安だし怖い。

自分の自分に対するコミットメントが意識できてないから、不安や恐怖が出てくる。

じゃ、どうすれば自分にコミットできるか?

いろいろな方法があるだろうけど、私は「決めること」が効果的だと思う!

例えば「〇〇になったらどうしよう!?😨」っていう不安があったら、

「もし〇〇になったら、こうすればいいやん!」ってざっくり決めるということ。

でもきっと再び、そこに被せるように不安な自分が「でも上手くいかないかもしれんやん!そしたらどうするん?!😱」って煽ってくる。

そしたら、「その場合はこうしたらええよ!」と再び決める。

これを奈落の底までたどり着くまでやる。(=カウンターパンチが出てこないところまでやる)

こうやって不安な自分に、「自分」は「どこまでも一緒に行くでぇぇ〜!!!🔥」と応えてあげるの。

この時、「本当にできるかどうか?」は考えなくて良い

なぜなら、その不安も恐れも結局は妄想でしかない現状ないわけだから。

そうやって、不安な自分と一緒に(妄想の)ボトムまでいけば、ある種諦めにも似た心境で、その不安や恐怖を手放すしかなくなる。

ポイントは「ざっくり決める」こと。

なぜなら、ここではまず「決める」ことが重要だから。

自分に対してコミットできてない状態だと洗脳されやすいんだろうなぁって思う。

だって、自分にコミットできるかどうか決めてないって時は、「誰か」に何とかしてくれるってナチュラルに思ってるだろうから、ありとあらゆる「お誘い」がきてしまいそう。

つい最近、苫米地英人さんの「現代洗脳のカラクリ」を読んで、私自身「うわー!私めちゃくちゃ洗脳されやすいかもー」と思ったけど、やっぱり自分にコミットし始めてからすぐに幻滅して「な〜んだ」って(洗脳が解けるように)なるようになってきた🤣

恐れや不安もそうだけど、焦りというのも誰かの洗脳だよね。

最近、私はレプリコンに対する懸念を書いてるけれど、これについて読んだり、考えたりした時に、恐れや不安が出てくる人は、 「あー!私、まだ自分にコミットしっかりできてないんだな」 と理解して、不安がる自分と「もうカウンターパンチが出ないです」っていうところまで問答してみて。

レプリコンというのがあって、それが承認されて…というのは事実なので、それを知った上で「自分は何があっても死ぬまで生きる(しかない)」っていうのを選択しておく。

そうすると知らないうちに、自分の奥にある本質(生命力)が導いてくれる

 

それが生命の本質だから。

で、これをたっくさんの、本当にたっくさんの人たちがそれぞれやったら、現実はどんどん変わっていくと思う。

しかし、それは今の私たちには想像できない現実で、良くも悪くも、安全にも危険にもなれる。

だからこそ、私も自分にコミットしながら、しっかり勉強し続けようって思ってるよ。