Ray of Sunshine

自分を愛せるようになるエネルギーヒーリング、「自分がどう思うか?」 「自分はどうしたいか?」 「自分はどう感じたか?」 ​という視点で色々なことを書いています。

光と影と、その間のあらゆるグラデーションを含む自分のエネルギー

パニックアタックや、鬱だという方々の特徴のひとつに、

「自分以外の人たちは皆、毎日ポジティブに生きている」という幻想があります。

だから私が、

「そうやって落ち込む日はまた必ずありますよ。」とか、

「私だって、調子悪い日ありますよ。」とか言うと、がっかりする人もいます。

いつも化粧バッチリな人も、化粧を落とした顔があるように、

ポジティブしかない人なんていません。

逆に、ポジティブな人ほどネガティブもそれなり…なんです。

そこそこポジティブな人は、そこそこネガティブだから、

めちゃくちゃポジティブな人は、めちゃくちゃポジティブなわけです。

つまり、めちゃくちゃネガティブな思考がある人ほど、めちゃくちゃポジティブな思考もあるということ。

これは念の強さと同じ話で、エネルギーは嘘をつきません。

「人に念を飛ばされる」と被害者意識が強い人ほど、お祓いやお守りを求めますが、そういう自分も念を飛ばしているわけです。

念とは、必ずしも「このヤローっ!」というモノだけじゃなく、「この人ー!!」みたいに、ある人についてめちゃくちゃ考えてる時も飛んでます、その念が。

一面だけの存在なんてあり得ないわけです。

ネガティブな思考に見舞われ、「こんな自分は嫌」と、向き合えない人は、ずっとパニックアタックが続きます。

​ポジティブとネガティブの間の、あらゆるエネルギーを持つ自分と付き合うことが鍵になってきます。