Ray of Sunshine

自分を愛せるようになるエネルギーヒーリング、「自分がどう思うか?」 「自分はどうしたいか?」 「自分はどう感じたか?」 ​という視点で色々なことを書いています。

叶えるのに必要なエネルギー、感情

前ポストに書いたように、人が行動を起こすために必要なのは選択であり、その選択をするために必要なのは感情です。

しかも、感情ならなんでも良い!のではなく、人が起こす行動の向こうに描く思いに、「正にぴったり!!!」という感情でなくてはなりません。

全てはエネルギーであり、固有の振動数を持っていますから、数値で緻密に表せるんですね。

だから、誘導には注意なんです!

私は2020年のロックダウンをイギリスで体験しながら、そこらじゅうに溢れてる誘導について身をもって学びましたけど、

「何かを起こすために感情が必要である」ことは、地球で生きるのであれば、誰にでも等しくかかる法則です。

こうやって、全て起こされてきたのが歴史的な出来事。

イギリスのアーティストでライターのLaura Dodsworthの記事が秀逸なので引用します。

lauradodsworth.substack.com



タイトルは、「社会がCovid-19から脱却したことを示す5つの方法」。

その一つとして、次のことを指摘しています。

フェイスマスクやNHSの虹色のプロフィール写真(パンデミック時には街に溢れていた byKaeko)、ソーシャルメディアにあふれる絵文字は、一斉にウクライナの国旗に取って代わられたのである。どちらもウイルスや世界の指導者を足止めすることはできないが、支持や部族への帰属を示すことはできる。非常時には「国旗に結集する」のが普通である。私たちは新たな非常事態を迎え、文字通り新たな旗を手に入れたのだ。(引用終わり、拙訳)

ローラは、マスクも、ウクライナの国旗も支持や部族への帰属を示すものだって言ってるんです。

私もその通りだと思います。

それだけでなく、私は、その行為「支持」そのものが、実は、ウィルスも世界の指導者たちの愚行を長引かせるとすら、感じてます。

そしてこれは、プログラミング。

マスクや国旗、カラーと、明確な意図を使ってプログラミングをしています。

プログラミングの目的は、行動を起こさせるために必要な感情を生み出させるためです。

これまでと違い、私同様、ロックダウンで学んだ人も多いですから、このやり方が以前ほどうまくいかなくなっているようで、

ウクライナの紛争も、思いがけず不発…のように私は感じますし、意外と早く結末を迎えるかもしれません。

本当に平和を支持するなら、見せられることの仕組みを理解して(つまり、感情は使わず)、自分は自分の夢を叶えていくことです。

見せられることに対して反応している=感情を作らされている間は、あなたの感情のエネルギーが、誰かの思惑に転用されちゃってるんです。

​さぁ、自分の人生に戻りましょう!

↓去年の9月末、隔離施設のホテルでヒマ過ぎて撮ってみた、私のワードローブ。
なんか、めっちゃロンドンアイテム。

日本は、フワッとした格好をしてる女性が多いのと、関東では男性が、女性モノ?にしか見えない、普通のトートバッグを持ってて違和感。

大阪では不思議と見なかったトートバッグ男子、東京は多くて違和感〜!

f:id:creativeenergyhealing:20220310083949j:plain