Ray of Sunshine

自分を愛せるようになるエネルギーヒーリング、「自分がどう思うか?」 「自分はどうしたいか?」 「自分はどう感じたか?」 ​という視点で色々なことを書いています。

そう思わされて生きている…、行動を起こすために必要な感情を生成する

ロシアが、金本位制に舵を切ったと言われていますが、食糧自給率も高く、天然ガスも豊富なロシアは、世界の所謂システムから孤立しても、一向に応えない感じがありますから、

そんなロシアが、金本位制に移行するのは、実はとてもシンプルなスライド的な動きなのかもしれません。

それでもロシアの生活よりも、(これまた)所謂「西側」の世界観の方がよく見える、又は好むという人は、西側に引っ越すんじゃないでしょうか。

ウクライナに滞在する、アメリカ人の男性がYoutubeで、ロシアの軍が、なるべく一般人はもちろん、ウクライナ軍にもダメージを与えないような戦い方をしていることを指摘し、ロシアは、ウクライナを非武装化して、政権を変えたいのだろうと結論づけていました。

もちろん、新政権は親露派でしょうけれど、政権交代した後のウクライナを守るために、ウクライナ軍が必要だから、そういう闘い方をしているのだ、と先述の男性は述べていました。

なるほど、一理あるなと感じさせる考察ですが、実際はわかりません。

同じ男性は、カナダやオーストラリア、ニュージーランドが、いかに短期間で全体主義国家へと変貌していったかにも触れ、西側と呼ばれる民主主義国家に住んでいる人たちは、いち早く、そうじゃないエリアに引っ越すべきだとも言っていました。

この時点で、「ええ?カナダが全体主義?」みたいな方は、よほどオメデタイというしかないと思います。

カナダでは、未接種でも入国できますが、未接種者の飛行機搭乗は認められていないので、基本、出国できません。

移動の自由が、この、インフルエンザレベルのウィルスを理由に、カナダの人たちから奪われてしまったんです。

これは異常なことです。

反枠、枠信仰、関係ありません。

そんなわけで、カナダでも連日デモが各地で行われていますが、カナダでは、トルドーの悪口、批判を載せたプラカードや旗でアピールすることが違法になる法律まで作られたということでした。

皆がいつも批判するロシアですが、ロシアにも同じ法律がありますね。

先述の男性曰く、イギリス、アメリカ、ヨーロッパ諸国も、次々とそう(カナダやオーストラリアのように)なっていくだろう的なことを仰ってましたが、そうなるかどうかは、我々次第でもありますから、究極は未定ということになりますが、

23年住み慣れたイギリスを、私も一時的にでも離れる決心をしたのは、そんな一片をロックダウンの前後に体感したからです。

同じ海外在住者で、私同様長らく住み慣れた土地から、日本へ帰国した人たちはたくさんいますが、

同じように感じず、住み続けている方もおられれば、
同じように感じても、家族や仕事の関係で動くに動けず、という方もおられますし、
感じながらも住み続けることを選んでいる方々もおられます。

私自身、よく「どうして、ここまで思い切れたのだろう?」と自問してましたが、答えは一つなんですよね。

これまでも、家族や友人、知人の声を通して、「日本にはもう帰ってこないの?」と、Sourceからメッセージが届いてましたが、「帰るよ」と言うには、何かが足りない状況でした。

足りなかったのは、「帰ろう!」という思いです。

私たちの行動の引き金となるのは感情です。

例えば「いつか日本へ帰ろう」という思いがぼんやりあっても、

「いつかタバコをやめよう」と思いながら、なかなかやめられない人もいるように、

それは起こり得ないんですよ。

感情が足りないから。

そんな感情がドッカ〜んと作られたのが、私にとっては、イギリスでロックダウン前後を通して体験することだったようなんですね。

アレが私にはすごく応えたから、必要な量と質を持った感情のエネルギーが短期間で生成されたわけですが、アレがいきなりウクライナ紛争だったら、おそらく「よし、帰ろう」には至らなかったと思います。

つまり、私たちは「そう思わされて」生きているんだと私は感じてます。

だからこそ、自分の感情を理解すること、受け止めることって大切なんですよ。

​そしてタイミングも重要な要素です。

大いなる存在の創造では、Kaeko(という一つのエネルギーの放出口)を、ある時点まで、人類の認識ではイギリスというポイントに留めおくことも必要だったから、ここまで引っ張ってきた…。

けれども、一気に、今度は日本と認識されるポイントに、私のエネルギーが必要になった…けれど、Kaekoという人間を物理的に、ポイントAからポイントBへ移動させなくちゃならない…。

そのためには、Kaekoが選択して行動するしかない…。

Kaekoに選択させて行動させるには、Kaekoのツボを刺激して、必要な量と質を持った感情のエネルギーを生成する必要があったわけです。

ポジティブな感情のエネルギーも、私たちを選択させ、行動させますが、

分岐点では、ネガティブな感情のエネルギーの方が、実はよりダイナミックに作用します。

大きな決断や選択を迫られる時、人生の岐路に立たされた時、ネガティブな感情のエネルギーの方が、人間は行動に移しやすいのです。

だからこそ、ネガティブな感情をただただ「リリース」するだけじゃ、人生の経験が一向に変わらないのです。

f:id:creativeenergyhealing:20220308091851j:plain