Ray of Sunshine

自分を愛せるようになるエネルギーヒーリング、「自分がどう思うか?」 「自分はどうしたいか?」 「自分はどう感じたか?」 ​という視点で色々なことを書いています。

理想は、自然に循環するマインド・ボディ・スピリット

思考や感情が囚われず、絶えず循環しているマインド、
デトックスしなくても解毒するボディ、
決して絶えることのない泉のようなスピリット…


が、本来の姿だと思うんですよ。

思考や感情をリリースしたり、重金属や化学薬品を解毒したりする方法もあるけれど、本来は、これらを「やろう」としてやらなくても、自然なサイクルとして起きれば良いですよね。

そのためには、消費していくことって大切だと思うんですよ。

消費していくのは、オーバーロードしないため。

思考や感情も、蓋をせずに消費していく…とは、つまり、そう感じていることに気づくということです。

怒ってる自分、悲しくて落ち込んでる自分、凹んでる自分…に気づいて、認めてあげる、それだけ。

そうすれば、オーバーロードしないで済みます。

体も一緒で、絶えず、ファストフードやジャンクなもの、添加物や化学薬品だらけの食品を摂っていたら、体の自浄作用も働かなくなります。

それらが、順調に機能するようにするには、消費できる分だけ摂取することではないでしょうか。

「自分は愛されていない」と感じる時、私たちは、「愛してほしい」という信号を送っていますが、それも、既にある「愛されてる」を消費しないまま、「もっと」「愛して」「ほしい」から、泉が枯渇するような、乾いた感じになってしまうのではないでしょうか。

まずは、既にある「愛されてる」を消費していくこと…、これは「感謝」ですね。

やり方は何だって良いんです。

私が「ひたすら、地道に、やめたい『癖』を止める練習を重ねていくのみ」って言うと、落胆しちゃう人もいます。

「なんだ、ヒーラーは、『それ』をパッとやってくれるんじゃないのか」ってな感じで、落胆しちゃうんですね。

落胆しちゃう人は、自浄作用が弱まりきってるわけなんですが、私は、自分のワークを通して、そんな風に、循環するシステムが弱まりきってる人たちに、自分で循環するようになってほしいなぁと思ってます。

エネルギーワークやヒーリングは、そんなレールに乗っかるためのサポート、助走をつけるためのものなんです。

さてさて、こちらは、自浄作用が弱まりきった末のデトックス中のカナダについて、EU議会の議員のスピーチ。

この方はルーマニアから欧州議会に参加している議員さんです。

ルーマニアといえば、私の世代はチャウセスクを思い出しますが、この議員さん、怒りで声が震えてます。

「トルドー首相の態度は、独裁者そのものだ。ルーマニアのチャウセスクと変わらない。少しでもワクチンに対して疑問を抱こうものなら排斥される。トルドー首相がやっていることと、かつて異端尋問で起きたことの違いは何ですか?一方では、神を信じるなと言いながら、実際は科学を信じろなんて言う。
科学は宗教ではなく、信じる信じないといったものではない!
科学とは、計測であり、仮説を立てることであり、ディベートすることである。」

 



いやいや、これほど、的確な科学の定義はありませんよ。

トルドー首相は、自国の議会で、デモをやっている人たちを「科学を信じない人々」なんていう風に言ったりしていましたが、いつから、科学は「信じる」または「信じない」対象になったんだろう?

f:id:creativeenergyhealing:20220221113146j:plain