Ray of Sunshine

自分を愛せるようになるエネルギーヒーリング、「自分がどう思うか?」 「自分はどうしたいか?」 「自分はどう感じたか?」 ​という視点で色々なことを書いています。

型に意味がなくなってきている今

「カナダという政府の崩れようがすごい。

 



こうなってくると、国会だとか、議員だとか、Mister Speakerとか、そういったモノに意味が無くなったんだということが、はっきりとわかります。

そういったモノ=型。

肩書き、地位、名誉、評判といったものは全て型だから、カナダという政府の崩れ方を見ながら、いやぁ、風の時代らしいなぁ〜と思っています。

オーストラリアやカナダ政府の型崩れが甚だしいだけで、この、型が急速に、その意味がなくなっていってるのは世界中、どこも同じだと思います。

現れ方がちがうのは、前のポストで書いたような「個体差」であって、どこも同じ、型崩れ…。

前ポスト、個体差については、こちら↓

creativeenergyhealing.hatenablog.com



思えば、「エッセンシャルワーカー」といった、巧妙に、プロによって作り上げられたプログラミングも、結局、一周して「え?どんな仕事も、ビジネスも、やっている人がそれで生活してたら、エッセンシャルじゃないの?」という、当たり前のことに皆、気づいたのだから。

型崩れは目の前で起きてます。

絶対上手くいかない、じゃなくて、既に失敗している計画

だって上手くいってたら、2020年にアレで行ってたワケで…と思ってたら、同じこと(多分)を言ってる方がいました。

 



様々なプログラミングが込められた「型」も、かつての人類にはバンバン作動していたわけですが、人類が集団催眠から目を覚ましていく過程において、以前と同じレベルで型が作動しなくなっているどころか、

カナダ政府みたいに、どんどんボロボロ、ボロを出してくれちゃってるわけですね。

何もしなければ、ねじれは自然と元に戻ります。

何をしなければ…というのは、我関せず…という意味ではなく、自然に沿っていれば…という意味です。

その自然も、Natureというよりも、自然体という意味での自然。

ひとりひとりが、「自分らしく」在れば、おかしいことや嘘に気づけるわけです。

それらに「我関せず」と無視を決め込むのでは、自然に逆らってるわけですから、上手くいきません。

だからこそ、YesにはYesを、NoにはNoを意思表示しながら、私たちは選択しているわけですね。

f:id:creativeenergyhealing:20220220123602j:plain

2020年、ロックダウンのイギリスで、私が正気でいられたらのは、ヴォルフガング・ボーダング、ライナー・フルミッヒ、マイク・イードン他、このドキュメンタリーに出てくる人々のメッセージがあったから。

最初の方に登場する、パープルのトップを着たアスリートの言葉は、当時の私や、その他のたくさんの人々が感じていたことです。

この2年で、私の視界も大分整理されました。

↓是非、週末見てみて!

rumble.com