Ray of Sunshine

自分を愛せるようになるエネルギーヒーリング、「自分がどう思うか?」 「自分はどうしたいか?」 「自分はどう感じたか?」 ​という視点で色々なことを書いています。

幸せであろうとする意欲、必要な要素は「できること」&「喜んで」

今から5、6年前は、私もそうだったけど、幸せであることへの意欲が低下している人を多く見ます。

 

そんな人は、えてして受け取り下手になってます。

幸せであろうとする意欲が低下しているのも、状態を表しているのであって、本質ではありません。

状態と本質についてはこちらをどうぞ。

www.kaekonakagawa.com


TakerとGiverについても、おすすめです。

www.kaekonakagawa.com



幸せであろうとする意欲が乏しい時、私たちは不機嫌であることが多いです。

顔で笑ってても、腹でムカムカ、イライラしてる感じ。

満たされない思いがいっぱいで、やればやるほど、損するような、そんな感じなのに、

良いことが転がり込んでも、100%カラッと喜べず、罪悪感が顔を出す…。

なぜか?!

欲しい、満たされたい、そんな思いでいっぱいなのに、「受け取れない」。

ちょっと言葉にクロースアップしてみましょう。

幸せであることへの意欲の低下は、英語なら、Willingess to be happyかなぁと思います。

直訳すると「喜んで幸せで在ろう(とする)」みたいな感じで、こう訳すとニュアンスが伝わりやすいと思う。

これは、幸せで在る(状態を表す)ためなら、なんでもする、つまり手段を選ばない…というわけではなくて、

幸せで在るために「できることは」なんでも「喜んで」やる…そんな感じ。

この二つの要素、できること&喜んで、これを知らないとドツボにハマって、不機嫌になってしまいます。

「できること」という要素を欠くと、死に物狂いという、必死な周波数が生まれ、それが人を不幸にするので、不機嫌になってしまうんです。

大体「喜んで」と「死に物狂いで」って、両立は無理…でしょう?

そういうことです。

アファメーションというか、スタート地点で、「できることは」なんでも「喜んで」やります!と、自分にプログラミングしておく感じです。

間違っても、「なんでも」「喜んで」やります…なんてプログラミングしないように!

f:id:creativeenergyhealing:20220111085812j:plain