Ray of Sunshine

自分を愛せるようになるエネルギーヒーリング、「自分がどう思うか?」 「自分はどうしたいか?」 「自分はどう感じたか?」 ​という視点で色々なことを書いています。

アウトローな読書の日々…

f:id:creativeenergyhealing:20211217101409j:plain

日本へ戻ってから、本を読み漁ってます。

イギリスにいた時は、英語で書かれた本を読んでました。

日本の著者が、日本語で書いた本で、読みたいものは、リストアップして、ずっと取っといたわけです。

一番最初に取り寄せたのは、足立育朗さんの波動の法則でした。

例の、3日間の強制隔離を終えて、自分で予約した、隔離場所に着いたその夜にオーダーしました。

それから色々読みましたが、最近、内海聡さんの、これも読みたかったけど、絶版になってて、電子版か、古本しかない、歴史の真相と大麻の歴史、それから、血液の闇を読みました。

大麻の方は、元々、地球を浄化するのが目的の植物だったというところが、私には腑に落ちました。

麻という字が入る地名の場所には、昔、大麻草がいっぱい生えていた〜みたいなことを、聞いたことがあります。

また、桑という字も、そうなんだとか。

昔は、大地の、そこらじゅうに生えて、地球を浄化してくれてたのかな。

血液の方は、ジャーナリストの船瀬さんと共著で、船瀬さんが書かれた章は、文体がいきなりアツくなるので、すぐわかります。

ああ…、すごい闇だぁ〜って思いながら、読んでました。

本にも出てくる、エホバの証人のお子さんの話は、私も覚えてて、

子どもだったけど、しっかりちゃっかり、誘導されて「ひどい!」って思ってました。

どちらが担当した章か、忘れましたが、ホメオパシーのところが面白かった。

というのも、今年、初めてトライした、ホメオパシーの体験が、そのまんまだったから。

そしてこれから、北欧神話について知ろうと、色々な本を漁ってます。

進撃の巨人が出た時、フィンランド人の友人のところへ遊びに行った時、

彼女の甥っ子が、私となら、進撃の巨人について話せる!と思っていたらしく、ハフハフしながら、教えてくれたことを思い出しました。

その時、全く知らなかったので、何がどうしてフィンランドのティーンにウケてるんだろう?って思ってたけど、

アレ、北欧神話も?が?インスピレーションなんですね。