Ray of Sunshine

自分を愛せるようになるエネルギーヒーリング、「自分がどう思うか?」 「自分はどうしたいか?」 「自分はどう感じたか?」 ​という視点で色々なことを書いています。

生きる限り選択し続ける、Path of least resistance!

前のポストを読んでから、これを読んでくださいね!

www.kaekonakagawa.com



↑ここには、誰かの嫌な部分や、嫌いな人に悩まされる時は、

自分の中にあるタブーと、

その根底にある大前提が隠れてますよ〜と書きました。

今回は、それらに気づいて、手放してからの話です。

手放すだけでは、不十分だと前のポストに書きました。

そこからは、自分で自分をトレーニングしていかなきゃならないんですよ。

トレーニングの中心となるのが、選択です。

タブーとなっていたことを、「私もやって良い」となった時、

どうしますか?ということで、選択の余地が生まれます。

私のカフェの例だと、「貧乏ゆすりしてる人が嫌だから、席を変わっても良い。それに気づかれても良いんだ!」と、タブーでなくなった時、

「で、どうする?席変わる?あからさまになっても変わる?」と、選択をすることになります。

この時、「どう思われてもええわ!」と変わるもよし、

「いやぁ、ちょっとあからさますぎるでしょ。今回は我慢するかー」と、思いとどまってもよし。

何をどちらを選ぼうと、大切なのは、自分が選んでることを意識すること。

そう。

これが、被害者意識が取れていくプロセスです。

自分に選択の余地が無いから、我慢するハメになったんじゃなくて、

自分に選択権があること、これに気づいて、その場その場で、

一番抵抗の少ないものを選んでることに気づくんです。


↑これが、いわゆるPath of least resistanceです。

一番、その時、選びやすいものを選ぶ。

例えば、カフェの例だと、「いや!このお客さんに、貧乏ゆすりをやめさせる!」という選択も、

できますが、かなりハードル高いし、かなり、その場のエネルギーに摩擦が起きそうですよね?

そういうことです。

そのために、Path of least resistanceを選ぶために、

必要なのは、自分のエネルギーのキメを整えてあげることなんです。

自分のエネルギーのキメが整っているというのは、ある意味、ゼロの状態にあることで、

私のセッションは、自分のエネルギーを知る場でもあります。

エネルギーは感じるものですが、先日も、初めて受けてくださった方に、

「Can you feel the problem that you just said?」と、

今、あなたが話した問題を感じれる?と問いかけると、


クライアントさんは、「へ?」という顔をして、

その後、シーンとしてしまって、向こうも思わず笑い出してしまったことがありました。


それぐらい、私たちって「感じる」ことに不慣れになってます。

​これについては、またの機会に。

f:id:creativeenergyhealing:20211207083541j:plain

こないだ、思いつきで行った京都。

京都っていうのも、レトロ建築の宝庫よね。