Ray of Sunshine

自分を愛せるようになるエネルギーヒーリング、「自分がどう思うか?」 「自分はどうしたいか?」 「自分はどう感じたか?」 ​という視点で色々なことを書いています。

コンシャスネス、全身でエネルギーを感じながら生きている私たち

前のポストで共有したような、マッドフラッドというコンセプトを追っていくと、

宇宙は無い…という話にたどり着き、私は「え?なぜそうなるかなぁ?」と戸惑います。

これはパッと聞いたくらいじゃ、そうだとも、そうでないとも言い難いのは、

宇宙という言葉の意味、背景、捉え方、体験…は、個人差があって、どのようなものをお持ちの人が、

どんなコンセプトから、そう言ってるのかがよく掴めない…というのもあるけれど、

私の体感として、ちょっと違うのよね〜という感じです。

かといって、現在に至るまで、義務教育やメディアを通して知らされてきた「宇宙」という漠然としたコンセプトも、

しっくり来なかったから、

スピリチュアルブームの定番、「宇宙にお願いすれば良い!」とか言われた時に、

「えー!なんか簡単そう…やけど、そもそも宇宙ってなんなん?どこにあるん?」みたいな疑問が邪魔をして、

今思うと、結局、私の思考のエネルギーは、シャワーヘッドを通したかのように分散され、回りくどいこともやってきたんだなぁ〜と感じました。

(思考は直線的なエネルギーですからね。これについてはすでに何度も話してます。)

だからこそ、私はキャロラインの著書を翻訳して、日本人とも共有したいと思ったんですよねぇ。

キャロラインが正解というんじゃなくて、彼女の作品と出会った時に、

「宇宙にお願いすれば良い」といわれて戸惑っていた私自身の疑問が、

体感として解決したことだけは確かで、

それ以外にもたくさんの疑問が解けて行きました。

私にとって、マッドフラッド系の方々の言う「宇宙は無い」という時の宇宙は、

どちらかというと、私の中では、World=世界とエネルギー的に近いような気がします。

Universe=宇宙は、体感的に、ある・ない、では語り尽くせないエネルギーを感じます。

因みに、英語で話してると、「それって〇〇っていう意味で使ってる?」と確かめることや、

私の場合、セッションで、感じたことやイメージを伝える時、言葉の定義を意識してます。

心のことや気持ち、マインドやエネルギーなど、繊細で、形の無いものを扱うだけに、

相手も第二言語として英語を話している時は特に、

念入りに、言葉の定義を明確にします。

日本語で話す時も、私はやりますが、周りはあまりしません。

だから、例えば「宇宙」と言った時に、その人は、聞いてる人は皆、

自分と同じエネルギーで、その単語を引っ張ってきてると、疑いません。

そんなわけで、宇宙ですけど、

あるとか無いとかで語るのって、すごく不毛さを感じます。

ではコンシャスネスはどうか。

コンシャスネス=宇宙ではありませんが、

ある意味、そうかもしれませんし、そう捉えても良い時もあります。

それは、最初に書いたように、宇宙をどう捉えて、どんな背景で話してるかによります。

コンシャスネスって、日本語だと意識と訳すしかありませんが、

意識する、しないとかの意識ではなく、私たちに内在する領域のような感じ。

キャロラインのスーパーヒューマンというドキュメンタリーが、私が、彼女の世界に触れた最初なんですが、

その中で、さまざまな実験をした結果、

視覚的に情報を得るよりも、コンシャスネスが情報を得る方が先であることが分かりました。

つまり、眼球で捉える視覚情報は、コンシャスネスが先に捉え、それを脳が視覚情報に変換して、

それを、私たちは「見てる」と勘違いしてるわけです。

すごいでしょ?

彼女のドキュメンタリーにもたくさん出てきますが、

たとえば、視覚的に遮断された人でも、訓練すれば、「見える」ようになっている例がたくさん出てきます。

ぴったり、密閉された目で見ていないなら、どこで見てるのか?というわけです。

それを「コンシャスネス」と決めてしまうには、

まだ十分なデータが揃っていないとする、科学者や研究者も、もちろんいます。

でも、何かが、大きく変わる、実験結果であることには違いありません。

そんな彼女の動画に日本語をつけてます。

彼女の公式チャンネル内のプレイリストから見れます。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLHFAb-DjCctrkkc_qYXmg5MztYf5yOO2K

f:id:creativeenergyhealing:20211129104046j:plain