Ray of Sunshine

自分を愛せるようになるエネルギーヒーリング、「自分がどう思うか?」 「自分はどうしたいか?」 「自分はどう感じたか?」 ​という視点で色々なことを書いています。

あなたが主役の映画に登場するエキストラの存在

f:id:creativeenergyhealing:20210918160105j:plain

こないだエルドラ&シマーンの動画でバックグラウンドピープルという概念が登場しました。
https://fb.watch/82NziJ3bM7/

これ、私の中で「エキストラ」でした。

よく映画やドラマで「エキストラ」ってありますよね?

オフィスのシーンの背景で、仕事をしてる人々とか、街のシーンなら通行人とか。

そんな感じです。

エルドラは自分の体験から、私たちに負の感情を掻き立ててくる人物というのは、私たちのコンシャスネスを拡張する助けをしていて、進化の段階において未熟な存在なのだという言ってます。

部分的には私のエキストラと同じですが、

私は、私自身も他の人たちの映画に登場してる時は「エキストラ」だと思ってるので、そこがちょっと違いますね。

私は、生まれてくる前にお互いに配役を決めてきてて、

「じゃ、私、ここであなたにこういう作用を働きかけるから」と、約束してきたと捉えてます。

お互いに、時には嫌われ者を演じつつ、違いのコンシャスネスの拡張を助け合う…という約束をしてきたと思っています。

​だから、そういう相手も私は、自分と同じソウルグループなのだと思うわけです。

ソウルグループは、必ずしも好きな相手や、一緒にいて楽な相手とは限りません。

学びを与えてくれる、時には「勘弁してくれよ!」と言いたくなるような存在だったりします。

いずれにせよ、エキストラという概念を持っていると、キィ〜ッと追い込まれた時にも、

そこから気づきを得て前に進みやすくなります。

エネルギーは常に動いてます。

つまり変容し続けるわけです。

エネルギーとは、コンシャスネスに動きがついたもの。

私たちは追い込まれると、そこで止まってしまう傾向があります。

行き詰まってる時、そこにエネルギーはありません。

コンシャスネスが拡張する、つまりコンシャスネスに動きが生まれるためには、気づきが必要です。

その気づきをもたらしてくれるツールの一つが、このエキストラという概念です。

エキストラを演じてくれる存在は様々です。

中には、人類じゃないことも。

そこまでして宇宙がやりたいことは、ただ一つ。

コンシャスネスの拡張です。