Ray of Sunshine

自分を愛せるようになるエネルギーヒーリング、「自分がどう思うか?」 「自分はどうしたいか?」 「自分はどう感じたか?」 ​という視点で色々なことを書いています。

世界が仲直りする

世界のあちらこちらで,喧嘩腰のエネルギーがボッボッと火を噴いてる。

エネルギーワーカーは、全て自分のエネルギーから始まるというのを原則としている。

世界中が互いに喧嘩腰ということは、世界中が分断していたということ。

世界中が分断していたということは、自分自身が分断していたということ。

自分自身が分断されている…というのは、自分が自分と対立する構図だと思えば良い。

それは自分が自分に喧嘩を売ってる生き方。

例えば、「こんな仕事がしたい!」と思った矢先に、「でも私には十分な経歴も無いし…」とも思ってる時、自分は自分と対立している。

これは典型的な人間臭い思考パターンで、アファメーションしようが、願いを叶えようとノートを買ってみても、なかなかうまくいかないのはこのためだ。


それは、自分が自分と対立したまま願ってるからだ。

やり方や理屈はほぼ正解でも、エネルギーが裏切ってる(=自分が自分と対立したままだ)から、なかなか実現しない。

というわけで、自分自身の思い込みだとか、期限切れの感情や思考の屑をどんどんクリアにしながら、軌道修正していく。

自分が自分に喧嘩を売る方法は他にもある。

例えば、既にやったことにも同じようにダメ出しをして、自分自身に怒り、失望している時。

そうやって少しずつ、自分自身に喧嘩腰で生きるのをやめていくと、今度は「…あ、世界にも喧嘩腰だった…」と気づく。

世界に対して喧嘩腰って、「〇〇のせいだ」とか「〇〇は悪だ」とか、相手…それは個人でも団体でも、思想や宗教、教育なんかのシステムでも何でも当てはまるんだけど、とにかく何かを「悪い」と捉えること、決めつけること。

世界に対しても喧嘩腰で生きていた私が言うのも何だけど…、それについて情報発信をしたり、場合によっては法的に証明したりすることが、その人にとって意味があることでなければ、「誰かのやった何かに対して反応させられているだけ」で、自分のクリエイションが疎かになってしまう。

じゃ、目を瞑るのか?というと、それは違う。

ちゃんと見据える。

なぜなら、本質が分かれば自分の選択ができるから。

例えば、こちらのポストで紹介したトニー・ロビンス。

www.kaekonakagawa.com



「CNNは悪ってわけじゃないんだ。彼らは金儲けがしたいだけなのさ。」

そうは思わない人もたくさんいるだろうし、何らかの実害を被った場合もあるかもしれない。

でも、特に直接害を被ったわけじゃない多くの場合、そこで感情的に反応していると自分自身のクリエイションが疎かになってしまう。

私はCNNどころか、テレビを持たない暮らしをしているので、何も見ないけれど、更に「テレビやめてよかったなぁ…。さ、自分のクリエイションクリエイション!」となった。

自分自身のクリエイションは、自分が生まれてきた目的でもある。

「悪いと捉えても、自分のクリエイションが疎かにならなきゃ良いんでしょう?」という場合もあるかもしれない。

でもやっぱり、それは成り立たない。

そこに何らかの意味がなければ…。

エネルギーの基本は自分だから。

自分が全てを作っているから。

例えば、よく学校とか、家庭で「悪口は言ってはいけないよ」って言うけれど…。

その本当の理由は誰も教えない。

倫理的な理由じゃないのよ。

これを、恐らく今まで「世界に悪態吐きながら生きてきた」時間の方が、まだまだ圧倒的に長い私が言うのもなんだけど…。

エネルギーワークとかで、「自分に対してネガティブなことを言うのはやめましょう」ともよく言うけれど、それだけじゃ不十分なの。

自分に対してどれだけネガティブなことを言い続けていたかを思い知ったら、次は自分の作ったクリエイションに対しても、悪態を吐くのをやめなくちゃならないことに気づいた。

自分のクリエイションとは、自分の体験のこと。

だから、現在のメディアの在り方も、私にとっては私自身のクリエイションの一部になる。

私が彼らを「どう体験したか?」は、100%私のクリエイション。

だからこそ、誰かや何かに対して、自分が生きる世界の何かに悪態を吐いたままでは、自分自身にダメ出しし続けてることになる。

そのままでは、「私は私の現実を100%作ってる」ことにならない。

だから「悪口はいけません」なんだと思う。

だからといって「皆,天使」ではないよ。

その本質に気づいたら、「なーるほど。わかりました。」

そして、選択する。

決して、バラ色の世界を見ようとしなくて良い。

そのまま、ありのまま捉えれば良い…というのはこういうことだね。


トニー・ロビンスの、「CNNが悪というわけじゃない。彼らは利益を出したいからさ」という言い方、対立を生まない生き方、それは自分のクリエイションを全て受け入れてるということなんじゃないかと私は感じる。

つまりそれこそ豊かな生き方…なんじゃないかと。

↓去年作ったブルーがテーマのネックレス。

f:id:creativeenergyhealing:20210525160642j:plain


第5チャクラがテーマ。

自分のエネルギーを自分らしく表現する。

↓詳細はこちらから。

www.etsy.com